子どもの紫外線対策の必要性

皮膚

UV-A

UVAは、上部皮膚細胞にすでに存在するメラニン色素を活性​​化します。
皮膚が赤くなる日焼けをさせます。(サンバーン/赤くなる日焼け)

さらに、UVAは結合組織と血管が影響を受けるより深い皮膚層に浸透します。
その結果、皮膚は徐々に弾力性を失い、しわが寄り始めます。

したがって、大量のUVAは光老化を引き起こします。

さらに、最近の研究では、それが皮膚癌の発症を促進する可能性があることを強く示唆しています。

このUVA損傷のメカニズムは完全には理解されていませんが、一般的な仮説では、UVAが細胞内の酸化ストレスを増加させるとされています。

UV-B

UVBは新しいメラニンの生成を刺激し、数日以内に黒くなる色素が大幅に増加します。この「黒くなる日焼け」は比較的長く続く可能性があります。
(サンタン/黒くなる日焼け)

UVBはまた、細胞を刺激してより厚い表皮を生成します。
したがって、UVBは、外側の細胞層の黒化と肥厚の両方に関与します。
これらの反応は、さらなるUVによる皮膚の損傷に対する体の防御反応です。

ただし、UVBの投与量が多いと強い日焼けを引き起こし、癌を発症する可能性が高くなります

まれに色素沈着症である色素性乾皮症(XP)に苦しむ人々では、紫外線への曝露によって引き起こされたDNA損傷を修復する能力が損なわれます。

これらの患者さんの皮膚がんの発生率が大幅に増加していることは、DNAの直接的なUVによる損傷が「がんの発症」と紫外線曝露を結び付けるメカニズムとなっていることの可能性を示しています。

目への影響

皮膚への影響と同様に、さまざまな太陽光線が、目のさまざまな深さまで透過します。UVBは角膜に完全に吸収されますが、UVAはこれらの表面層を通過してレンズに到達します。
成人では、角膜と水晶体のフィルター機能のために、入ってくる紫外線のほんの1パーセント以下が網膜に到達します。

免疫システム

これまでのほとんどの実験は、UVBに集中されてきました。免疫調節を引き起こす上でUVAよりも重要であると思われるためです。

しかし、最近、免疫系に対するUVAの影響への関心が高まっています。

紫外線は皮膚にある分子に吸収されると考えられています。

細胞と抗体を介した免疫応答のバランスの変化は、特定の病気から身を守る体の能力を低下させる可能性があるのです。

WHO hpより