子供のための紫外線対策協会は、紫外線と紫外線対策について情報を提供しています

スキンタイプによって紫外線対策の仕方が違う!

  • HOME »
  • スキンタイプによって紫外線対策の仕方が違う!

紫外線に対する反応は皮膚の色によって違います。

 

白人では元々メラニン色素が少なく、紫外線にあたった後も赤くなるだけで黒くはなりません。

※この写真は、オーストラリア シドニー/ボンダイビーチにて撮影したものです。紫外線.com 2018.2月

一方、黒人は元々大量のメラニンが皮膚にあり、日焼けしません。

日本人などの黄色人種は紫外線にあたると最初赤くなり、その後多少黒くなります。

このように紫外線に対する反応性の違いで6つのフォトスキンタイプに分けられています。

スキンタイプ
スキンタイプ 6種類 反  応
I 常に赤くなり、決して皮膚色が濃くならない
II 常に赤くなり、その後少し皮膚色が濃くなる
III 時々赤くなり、必ず皮膚色が濃くなる
IV 決して赤くならず、必ず皮膚色が濃くなる
V 皮膚色がとても濃い
VI 黒人

日本人はおよそスキンタイプII~IVにあたります。光老化を起こしやすく、皮膚癌になりやすいのはスキンタイプのI、IIに属する色の白い人です。

 

日本人のタイプだけの場合は、以下です

タイプとして、2が一番多いタイプになります。

タイプ1の方は、特にUVケアが必要です。

日本人のタイプ 1 赤くなりやすいが、黒くなりにくい 紫外線に対する感受性が高い
↑↓
感受性が低い
2 赤くなるのも、黒くなるのも平均的
3 赤くなりにくく、黒くなりやすい

お問い合わせ TEL 048-458-3015 平日10:00~16:00(土日祝日除く)  株式会社ピーカブー内

Translate

  • facebook
  • twitter
PAGETOP