子供のための紫外線対策協会は、紫外線と紫外線対策について情報を提供しています

太陽光の良いところ悪いところ

  • HOME »
  • 太陽光の良いところ悪いところ

-太陽光の「よいところ」と「わるいところ」- ※1

太陽は地球上の生物にとって必要不可欠なものです。
太陽光は植物の光合成を助け、あたたかさや光を与え、生命体を支えています。
さらに、太陽光は肉体的にも心理的にも非常に有益な働きをしています。

太陽光には紫外線という、見ることも感じることもできない光線が含まれています ※1

太陽は半径約6.96×103kmの巨大なガスの球体です。
核の部分で水素の核融合反応が起こっていて、ヘリウムを生成しながら、巨大なエネルギーを放出しています。

太陽から地球に届くエネルギーは太陽の放出している全エネルギーのうちの約20億分の1です。
太陽から放出された光は8分後には地球に届きます。

地上に届く太陽光には、目に見える可視光線と、熱としてかんじる赤外線と、目にもみえないし、感じることもできない紫外線が含まれています。
太陽光の中での割合は、可視光線が52%で赤外線が42%と大半であり、紫外線は約56%にすぎません。
その紫外線うち波長の長いもの(3154-400nm)をUV-A・波長が短いもの(280-315nm)をUV-Bと呼びます。

 太陽光の悪い影響

·         熱中症を起こす

·         日焼けを引き起こす

·         DNA損傷

·         皮膚がん

·         光老化(しみやしわなど)

·         免疫力の低下

·         角膜炎や白内障を誘発

·         物の色を退色させる

·         物の劣化損傷を促進する

 

 太陽光の良いところ

·            明るさ

·          生態リズムの調整

·          胃腸の動きを快調に

·          気分の爽快感

·          消化液の分泌

·          暖かさ・決行をよくする

·          神経・筋肉の緊張をほぐす

·          光合成

·          殺菌

·          花や果実の色素合成

·          ビタミンDの生成

·          カルシウムの吸収促進

·          新陳代謝の促進

 

紫外線は、可視光や赤外線より波長が短く、エネルギーが大きいので、物質に化学変化を起こさせやすい特徴をもっています。
紫外線が人に日焼けさせたり、殺菌をしたりするのはこのためです。

目で見える光(可視光)が7色の分光されることは皆さんご存知かと思います。
その色は赤・橙・黄・緑・青・藍・紫空に見える虹の色です。
この可視光の紫色よりも波長が短く、紫の外側にある光を<紫外線>と呼びます。


紫外線は1801年にリッター(Johann Wilhelm Ritter )によって発見されました。

 

お問い合わせ TEL 048-458-3015 平日10:00~16:00(土日祝日除く)  株式会社ピーカブー内

Translate

  • facebook
  • twitter
PAGETOP