PACとは?

  連絡先など

  お問い合わせ

  リンクについて

  会員募集

紫外線について

  紫外線とは?

  健康への影響

  周りにあるUV


子供の紫外線対策

  UV対策5か条

国の取り組み

  環境省の取り組み

  気象庁の取り組み

オゾン層

  オゾン層の破壊

WHOの取り組み

  WHOの取り組み

  諸外国の取り組み

  世界のUV対策

もっと知りたい

  協会推薦図書

  お勧めサイト

UV対策製品

  UVクリームについて

  UV衣料について

  その他

PACのブログ

 
 PACからのお知らせ
  

紫外線対策に、UVカットクリームも
お肌に合ったUVカットクリームを有効に使いたい!

衣類で隠せない場所や、泳ぐときなど、肌を露出してしまうときにUVカットクリーム(サンスクリーン剤)は有効です。

衣類や帽子と組み合わせて、有効な紫外線対策をしてください。

そのためには、UVカットクリームの特性などを知ってください。

このページでは、クリームに記載されているSPF・PAといった記号の意味から、UVカットクリームの選び方などをお伝えします。


■SPF・PAってなあに?

SPF:Sun Protection Factorの略で、

紫外線B派を防ぐ、目安となっています。

SPF20以下 日常生活

SPF20〜30 通常の外出

SPF30以上 スポーツ・水泳など


何も塗らないで紫外線.を浴びた場合に日焼けを起こす最短の時間を、サンスクリーン剤を塗ることでどれだけ延ばせるかを表しています。

例えば>SPF3 であれば、何もつけないときの3倍の時間、おなじ紫外線量を浴びても日焼けが防げるということになります。

数値が大きければそれだけ効果は高く、SPF30までくらいは、その効果はどんどん高まり、それ以上になると極端にその効果の上昇が緩やかになるといわれています。

極端に高いUPFは、肌への負担も大きいので注意しましょう。

さらにSPF値の高いサンスクリーン剤は、肌に塗ると白っぽくなります。これは肌への刺激の強い紫外線吸収剤の量が多い場合もあります。

日常生活>>日常生活では、SPF20〜30、外出が長いときや、海、山、スポーツをするときなどでは、それ以上のものをというように、使い分けて。


PA:Protection grade of UVAの略で、紫外線A派の指標となっています。

PA+ 効果がある

PA++ かなり、効果がある

PA+++ 非常に、効果がある

上記の票のように3段階に分かれています。

外出先や、外出時間、生活スタイルに合わせて、使い方を考えましょう.。


上記にもありましたが、UVカットクリームの効果は、SPF30以上では、あまり効果が急激によくなるものではありません。

お肌の弱い方などは、SPF30までのクリームを選ぶことをお勧めします。

また、紫外線吸収剤も、肌への刺激となりますので、注意しましょう。

できれば、紫外線吸収剤の入っていないもの、または、カプセインした、肌に優しいタイプのものを選んでください。

特に、お子様用のUVカットクリームは「子供用」と書かれたものを選んでください。

女性の場合は、化粧下地にUVカット効果のあるものを選ぶとよいでしょう。

<エピソード>
SPF値のたか〜いUVカットクリームを塗って、肌がかさかさに乾燥してしまった・・・・何てことありませんか?
紫外線吸収剤は、パウダーでできています。
SPF値が高いということは=紫外線吸収剤がたくさん入っているということで、お肌に塗ったときに、お肌の水分や油分を吸収してしまって、乾燥し、かさかさになってしまう・・・ということです。


■ 紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し、それを別のエネルギーに変えることで、肌への侵入を防ぐもの。

原料=「オキシベンゾン」や「メトキシケイヒ酸オクチル」などのケミカルな原料

長所=肌に塗った際の透明感が、散乱剤よりはるかに高く、UVカット率が高い。

短所=ケミカルな原料なので、肌への刺激が心配されます。

使用時の注意=吸収剤をカプセルインして肌への刺激を抑えたタイプも出てきました。

          製品の特徴をよく読んで安全なタイプを選びましょう。



■ 紫外線散乱剤とは?

紫外線散乱剤とは、肌の表面で紫外線を散乱させ、紫外線をブロックする。

一般的には、紫外線吸収剤より肌にやさしいとされている。

原料=「酸化チタン」や「酸化亜鉛」などの天然系原料

長所=吸収剤よりも安全性が高い。

短所=散乱剤は粉末原料なので、出来る限り紫外線カット効果を高めるため、

    最近は、ナノサイズに超微粒子化した粉末が使用されています。

    ただ、その超微粒子の粉末の配合量が多いと、毛穴の奥に入りやすく、

    それがクレンジングでも取れにくくなり、肌のトラブルとなることもあります。

また、散乱剤自身が紫外線を浴びることにより、微量ではありますが、肌に有害な活性酸素を発生させることがあります。

使用時の注意=安全性を重視される方は、散乱剤を主に配合したUV化粧品を使用されることをおすすめしますが、微量とはいえ活性酸素の問題がありますので、商品に活性酸素消去剤(ビタミンCやE、タンニンやポリフェノールなど)が配合されているものを選びましょう。    


■UVカットクリームQ&A

Q.UVカットクリームのSPF値は、クリームを1mmも塗らないと、
  その効果が出ないと言いますが本当ですか?

本当は、2mmなんです。ですが、お肌に塗る[程度]と言うものがあります。

こまめに塗りなおすことが、一番です。1〜2時間おきに塗りなおすことをオススメします。

特に紫外線の強い時季は汗をかきやすく、思った以上に塗ったUVカットクリームが落ちてしまっていることがあります。

Q.真夏はSPF50++というものを塗ったほうがいいですか?

SPF値の大きいUVカット化粧品は危険だと聞いて不安です。

数値が高いほど日焼け止め効果が高く、一般にSPF6以下が日焼け用、7以上が日焼け止め用と分類されています。日焼けをしたい人もサンバーン(皮膚に赤みや水ぶくれが起きる)を防ぐために、SPF1〜6くらいは必要です。

紫外線の特に強い地域でも、SPFは42ぐらいで十分、特に肌が赤くなりやすい人でも50ぐらいで十分です。逆に高すぎると、肌に負担がかかったり、白さが残る、自分の肌や生活スタイルや、外出などの状況に合ったSPF値を選ぶといいですね。

上手に利用しましょう!

Q.子どもにもサンスクリーン剤は必要なんですか?

細胞分裂が盛んな子どもこそ紫外線から身を守る必要があります。

「生涯で浴びる紫外線全量の半分を18歳までに浴びてしまう」というデータもあり、サンスクリーン剤を塗ることは紫外線防御に効果的です。

現在では、UVカットウエア(加工物ではない、特殊なUVカット繊維を使ったウエアです)も市販されていますので、うまく併用することをお勧めします。



Parental Aegis Association for Children against UV Hazards 子どものための紫外線対策協会

〒351-0114 埼玉県和光市本町19-3

※このホームページへリンクを張っていただけるときは、ご連絡をいただければ幸いです。>>http://www.shigaisen.com/
画像や文章に関しましては、無断でコピー・転載は、ご遠慮ください。

紫外線.comへのお問い合わせ