子供のための紫外線対策協会は、紫外線と紫外線対策について情報を提供しています

UVカットクリームの選び方

  • HOME »
  • UVカットクリームの選び方

UVカットクリームの選び方

 

衣類で隠せない場所や、泳ぐときなど、肌を露出してしまうときにUVカットクリーム(サンスクリーン剤)は有効です。衣類や帽子と組み合わせて、有効な紫外線対策をしてください。
そのためには、UVカットクリームの特性などを知ってください。

このページでは、クリームに記載されているSPF・PAといった記号の意味から、UVカットクリームの選び方などをお伝えします。

紫外線吸収剤とは?

紫外線を吸収し、それを別のエネルギーに変えることで、肌への侵入を防ぐもの。
原料=「オキシベンゾン」や「メトキシケイヒ酸オクチル」などのケミカルな原料

 

·         長所=肌に塗った際の透明感が、散乱剤よりはるかに高く、UVカット率が高い。

·         短所=ケミカルな原料なので、肌への刺激が心配されます。

使用時の注意=吸収剤をカプセルインして肌への刺激を抑えたタイプも出てきました。
製品の特徴をよく読んで安全なタイプを選びましょう。

紫外線散乱剤とは?

紫外線散乱剤とは、肌の表面で紫外線を散乱させ、紫外線をブロックする。

一般的には、紫外線吸収剤より肌にやさしいとされている。

原料=「酸化チタン」や「酸化亜鉛」などの天然系原料

·         長所=吸収剤よりも安全性が高い。

·         短所=散乱剤は粉末原料なので、出来る限り紫外線カット効果を高めるため、最近は、ナノサイズに超微粒子化した粉末が使用されています。ただ、その超微粒子の粉末の配合量が多いと、毛穴の奥に入りやすく、それがクレンジングでも取れにくくなり、肌のトラブルとなることもあります。

 

また、散乱剤自身が紫外線を浴びることにより、微量ではありますが、肌に有害な活性酸素を発生させることがあります。

 

使用時の注意=安全性を重視される方は、散乱剤を主に配合したUV化粧品を使用されることをおすすめしますが、微量とはいえ活性酸素の問題がありますので、商品に活性酸素消去剤(ビタミンCやE、タンニンやポリフェノールなど)が配合されているものを選びましょう。

 

 

お問い合わせ TEL 048-458-3015 平日10:00~16:00(土日祝日除く)  株式会社ピーカブー内

Translate

  • facebook
  • twitter
PAGETOP