赤ちゃんの紫外線対策とビタミンD

 

紫外線のいいところ=ビタミンDの生成

紫外線による人への恩恵といえば、ビタミンDの生成です。

太陽紫外線に当たることでカルシウムの吸収が促進され、骨や歯の形成などの成長につながります。

この成長に欠かせないビタミンDですが、人は食事と太陽紫外線から得ています。

しかし近年、妊産婦と乳幼児のビタミンD欠乏症増加が注目されているのです。

 

ビタミンD欠乏による症状とは?

新生児・乳幼児のビタミンD欠乏症が成長にどのような影響を与えるのかというと、

くる病や骨軟化症にみられる骨の異常と、低カルシウム血症による痙攣(けいれん)が

挙げられます。関節の変形や、運動発達の遅れも指摘されます※。

 

なぜビタミンDが欠乏するの?

ではなぜビタミンDが欠乏するのでしょうか。

ひとつには、妊婦のビタミンD不足によって新生児がビタミンD欠乏になるケース。

もうひとつには、完全母乳栄養で育てられている乳児がビタミンD欠乏になるケース。

これら2点が大きな要因として挙げられます。

 

必要量とは?

妊婦さんが1日に摂取したいビタミンD量は7.0㎍です。妊娠していない成人女性の場合は5.5㎍なので、約1.3倍必要となります。

授乳婦さんの1日に摂取したい目安量は8.0㎍です。ビタミンDの体内でのはたらきは、カルシウムの吸収を促すだけではなく、免疫力の調整という重要な役割もあります。

ビタミンDは産後の身体の免疫力を調整するために欠かせないだけではなく、母乳を通して乳児にも与えられるため、産婦さんは一般成人女性と比べると約1.5倍必要となります。

 

厚生労働省の調査(厚生労働省「平成20年 国民健康・栄養調査」)によると、20歳~39歳の一般成人女性のビタミンD摂取量は、約5.0㎍前後と示されており、もともと不足しがちな栄養素であることがわかります。

したがって妊産婦さんは、ビタミンDを意識した食生活を心掛けなければ母親も新生児もビタミンDが欠乏傾向になるでしょう。

 

母乳に関しては、含まれるビタミンDが少ないとの見解ですが、これは人工乳育を促すものではなく、乳児がきちんと必要量母乳を摂取できている場合でも、ビタミンDは欠乏傾向にあるということを頭において、食生活に気をつけましょうということです。

離乳食が始まってから、偏食傾向であったり、アレルギーのために食事制限がある子どもの場合も、ビタミンD欠乏を呈しやすいため、注意が必要です。

歩行を始める頃に、極端な関節の変形や不自然な歩行動作が見られるときは、小児科医に相談してみるとよいでしょう。

 

また、紫外線を気にし過ぎて外出を控えるのではなく、“外気浴”を意識することも大切です。

外気浴程度日光にあたることで、体内でのビタミンD形成が促されることも忘れてはいけません。

目安などについては、こちらをご参照ください

→ https://www.nies.go.jp/whatsnew/2014/20141127/20141127.html

 

ここより↓国立環境研究所上記HPより

国立環境研究所

国立環境研究所

この結果から、7月(夏季)は、10 μgのビタミンD生成に必要な日光浴時間は短く、昼間は紅斑紫外線防御が必要であることが判ります。

一方12月(冬季)は、有害な紫外線量に達する危険性は那覇以外はかなり小さく、ビタミンDの生成量の確保が問題になると考えられます。

特に緯度の高い札幌の冬季には、太陽紫外線の最も強い晴天日の真昼でも、10 μgのビタミンD生成に、毎日139分という長時間の日光浴が必要となることが判りました。実際には冬季の札幌は晴天日が少ないため、計算上はさらに長時間の日光浴をした方が良いことになります。

ただし、顔と手の甲だけではなく、足や腕など日光に当たる部位を増やすことによって、必要な日光照射時間は短縮させることが出来ます。

一方、MEDに達する時間は皮膚の露出面積には拠りませんから、冬季にはなるべく広い皮膚面積を使って太陽光を浴びるのが、ビタミンD生成のためには有効です。 

もちろん、不足するビタミンDは魚やきのこなどの食物や、サプリメント摂取、日焼けサロンによっても補給可能です。いずれにしても冬季の北日本では、食物などからのビタミンD補給と併せて、積極的な日光浴が推奨されます。

なお、1日に消費される以上に得られたビタミンDは体内で蓄積され、ある程度はその効果が持続することが判っています。冬季以外では表1と表2の間の範囲内の日光浴が、ビタミンD生成の観点では有効と考えられます。

 これらの試算値は、これまでに報告のある推測値や仮定に基づいていますが、実際の紫外線の暴露量やその影響は、それぞれ各人の行動の仕方や服装形式、色、または個別の皮膚の感受性などによって異なります。したがってここで試算された時間は、適正日光浴の時間や有害な時間を個人別に算出しているものではありません。あくまでも、モデルケースとして試算されているものであることに注意が必要です。

 

  • 間違えてはいけないのは、ビタミンDがあってもカルシウムが不足していれば、ビタミンDのみにとらわれるのではなく、カルシウムなども含めてバランス良く考えることが大切です。
  • 同じような症状を呈するということです。カルシウムも不足しがちな現代人ですので、