子供のための紫外線対策協会は、紫外線と紫外線対策について情報を提供しています

紫外線の良いところ

  • HOME »
  • 紫外線の良いところ

紫外線の良いところ

 

·            明るさ

·          生態リズムの調整

·          胃腸の動きを快調に

·          気分の爽快感

·          消化液の分泌

·          暖かさ・決行をよくする

·          神経・筋肉の緊張をほぐす

·          光合成

·          殺菌

·          花や果実の色素合成

·          ビタミンDの生成

·          カルシウムの吸収促進

·          新陳代謝の促進

·         熱中症を起こす

·         日焼けを引き起こす

·         DNA損傷

·         皮膚がん

·         光老化(しみやしわなど)

·         免疫力の低下

·         角膜炎や白内障を誘発

·         物の色を退色させる

·         物の劣化損傷を促進する

 

 

紫外線は有益でもあり、有害でもあります

 

オゾン層ができるためには紫外線が必要 ※1

成層圏のオゾンは、紫外線と酸素の光化学反応で作られます。

オゾンは淡青色の気体分子で、3個の酸素からできています。

オゾンは地上の光合成で作られた酸素が上空にのぼり、そこで紫外線を吸収して分解する反応によって生まれます。

オゾン層の破壊にも紫外線が関係している ※2

フロンは塩素と炭素、フッ素でできた化合物の総称です。

便利な「夢の物質」として人工的に作られたものです。

それが大気中に放出されると、成層圏まで上昇し、そこで紫外線UV-CUVBより波長が短い光線で、地上には到達していない)を浴びるとその強い作用で分解します。

フロンが壊れるときに塩素原子を放出しますが、これがオゾンを破壊するのです。

1個の塩素が約10万個のオゾンを壊すといわれています。

遺伝子DNAを傷つける 1

紫外線は細胞のDNAを傷つけます。これは細菌やウイルスはこれにより死滅します(殺菌作用)。一方、人のDNAも紫外線により傷つけられます。それが日焼け(サンバーン:やけどのように赤くなる)です。遺伝子DNAに傷がついた状態で細胞分裂をすると間違った遺伝情報が伝達され、がん発症につながる可能性があります。日焼けを繰り返すことは、皮膚がんの誘因となります。

ビタミンDを作る 1

UV-Bによって、体内でビタミンDが作られます。ビタミンDは骨や歯の形成を助ける作用があります。しかし、体に必要とされるビタミンD115分程度の散歩で十分得られます。ビタミンDは必要な量以上は生成されないため、UV-Bをたくさん浴びても意味がありません。

目への影響 ※1

目の水晶体はものを見るためのレンズであり、紫外線吸収フィルターの役割ももっています。

水晶体たんぱく質は、紫外線を吸収すると酸化凝集します。

最近増加している老人性白内障は長年の間に吸収したUV-BUV-Aが主原因といわれます。

もっとも一般的な紫外線の目への影響は「雪目(角結膜炎)で雪面に反射したUV-Bや殺菌灯など、紫外線に目をさらしたときに起こります。

浴びたときは何でもありませんが、数時間後に激痛となります。

 

→目への影響とその対処法は 紫外線による健康への影響 へ

皮膚への影響

紫外線はその皮膚表面でほとんどが吸収されます。UV-Bは皮膚下0.1mmまで2-8%透過しますが、0.5mmより深くには届きません。

UV-Aは皮下0.1mmで50-60%、0.5mmで7%、01.0mmで0.5%と低下しながらも、真皮まで届きます。

 

 

→皮膚への影響の詳細は 紫外線による健康への影響 へ

 

 

引用および参考とさせていただいた文献

(言葉の一部を簡易なものにさせていただいています)

1絵とデータで読む 太陽紫外線-太陽と賢く仲良くつきあう法-

東海大学総合科学技術研究所 佐々木政子著
http://www.cger.nies.go.jp/publications/report/m018/M018.html

 

2章 太陽光を知る

2紫外線保健指導マニュアル 環境省 平成156月発行 P10

 

お問い合わせ TEL 048-458-3015 平日10:00~16:00(土日祝日除く)  株式会社ピーカブー内

Translate

  • facebook
  • twitter
PAGETOP