子供のための紫外線対策協会は、紫外線と紫外線対策について情報を提供しています

紫外線の免疫への影響について

  • HOME »
  • 紫外線の免疫への影響について

紫外線の免疫への影響について

 

私たちの体は細菌やウイルスなどの外敵が体内に侵入したときに、異物を

感知すると同時に攻撃し、自分の体を守る防御機能を持っています。

これが、免疫です。

 

この免疫が低下すると、細菌やウイルス、がん細胞への攻撃が弱まり

病気を引き起こします。

 

紫外線を浴びると、皮膚の免疫反応で大切な役割を持つランゲルハンス細胞が

ダメージを受けます。

 

ランゲルハンス細胞は、表皮の中でネットワークを形成しており

侵入してきた化学物質や病原体、また、皮膚で発生したがん細胞を異物として

認識します。

その後、リンパ節へ流れていき、そこでリンパ球に異物であることを知らせ、

その結果その異物に対する特異的な免疫反応が起きて、異物を排除します。

 

ランゲルハンス細胞は、紫外線の影響を非常に受けやすく、数が著しく

減少し、また働きも異常を示します。すると皮膚の中にがん細胞が発生しても

それを取り除く免疫反応が起こらず、がん細胞はどんどん増殖してしまいます。

 

細菌やウイルスなどの病原体の侵入もキャッチできなくなります。

 

全身に紫外線を浴びると全身の免疫システムにも影響を与え、身体はスムーズに防御機能を整えられなくなります。

 

感染症に対する抵抗力が弱くなってしまいますので、過度な日焼けは避けましょう!!!

 

※知って防ごう有害紫外線 佐々木政子著 上出良一著 より

 

お問い合わせ TEL 048-458-3015 平日10:00~16:00(土日祝日除く)  株式会社ピーカブー内

Translate

  • facebook
  • twitter
PAGETOP