子供のための紫外線対策協会は、紫外線と紫外線対策について情報を提供しています

日焼けによる疲れ

  • HOME »
  • 日焼けによる疲れ

日焼けによる疲れ

日焼けをすると、疲れるのはなぜでしょうか?

 

真夏のある日、プールサイドや、海辺で1日過ごしただけで、だるくてぐったり・・・これは、どうしてでしょうか?

スポーツをしなくても、日焼けをするだけで、実は体はかなり疲れてしまっています。

 

理由は、①体内の水分不足と ②紫外線による体のストレスです。

 

日光にさらされると皮膚表面の温度が高くなりますから、クールダウンするために汗をかきます。そのため、血液中の水分が奪われて、濃縮されてしまうのです。

血液には、体の隅々に酸素を送り、老廃物を回収する役割があります。

ですが、水分が減るとスムーズに流れなくなってしまいます。その結果、体は酸素不足になり、老廃物も排出される、ゆっくりとですが疲れがたまってきてしまうのです。

 

もう一つの原因は、体内のストレスです。

紫外線を浴びると、身体の中には、「活性酸素」という物質が増えてしまいます。

この活性酸素には、外敵をやっつけるなどの大切な働きもあるのですが、増えすぎると正常な細胞も傷つけ、体にストレスを与えてしまいます。

そのため、活性酸素が増えてくると、体は、体内にあるビタミンC・ビタミンA・ビタミンEなどの「抗酸化物質」を使って中和するのです。

活性酸素の除去には、特にビタミンCが大量に使われます。ビタミンCは、もともと「疲労のためのビタミン」とも呼ばれ、体の免疫力を高めたり、疲労感をためないために働いています。

ところが紫外線を浴びて、急に活性酸素が増えてしまうと、本来の目的に使われる前に消費されることに。また、強い照り返しがある場所だと、目からも紫外線が入ります。指針液が疲れて緊張すると、全身に疲れが広がってしまいますから、疲れがどんどん増大していくのです。

 

では、どうしたら、疲れなく出来るのでしょうか?

まずは、水分補給。熱中症にならないためにも必要です!

春の日中かなり気温が上がる時や、真夏、秋も、野外で過ごす時には、水分をこまめに、たくさんとることが必要。のどの渇きを覚える前に飲むとよいです。2番目のポイントは、ビタミンCを取ること。ビタミンCは、半日から1日くらいしか体にとどまらず体外に排出されてしまいますので、こちらもこまめに補給が必要です。

ビタミンCは、果物や、野菜サラダなどを食べたり、サプリメントでとったりするとよいですね。

日焼け前の補給も、日焼けあとの補給も必要ですよ。

 

スタッフは、今日から3週間くらいにわたって、みんな子供たちの運動会です!

今日のような台風一過の気温が高くなるお天気の良い日は、上記のような「疲れ」がたまりやすいときといえます。

 

ぜひ、紫外線対策と水分補給をしっかりして、たのしい時間を過ごしてくださいね。

 

お問い合わせ TEL 048-458-3015 平日10:00~16:00(土日祝日除く)  株式会社ピーカブー内

Translate

  • facebook
  • twitter
PAGETOP